オタクな私と彼氏の出会い

アニメオタクにとって大事な年に2回の大型イベント「コミックマーケット」。

世界中のオタクがあの3日間に何十万人と集まるイベントで、ここで同人誌を買う為に開場が10時にも関わらず徹夜をしたり、始発で向かったりとこれに命をかけているような人がたくさんいるイベントです。
といっても、私は絵を描いたりと二次創作に関わってはきたものの、他人の同人誌をあの人ごみの中買いに行く元気はなくいつも行きたいと思いつつも参加せず、後日通販などで手に入れていました。

去年の冬、ツイッターで「コスプレしてみたい」といった内容を呟いたとき、友人から「じゃあ良かったら今度の冬コミ(冬に開催されるコミックマーケットの略称)で売り子やってよ」という風に声をかけてもらいました。
衣装代も出すよ、という友人に言葉に乗せられ、私はそこで初めてコミックマーケットに参加することになりました。

当日、友人のスペースではもう一人売り子をする人がいました。
彼も同人誌を作っていて、友人のスペースで本を頒布するため売り子として参加しました。コミケで二人の本合計700部は無事にはけ、打ち上げに行きました。

その時はお互いツイッターで相互フォローになるだけであまり関わることはなかったのですが、後日私がずっと見たかった映画を見ようと思っていることを呟くと彼が自分もそれ見たいから、と二人で映画に行くことになりました。
その時にお互い新宿で仕事をしていて終わる時間もうまく重なることがわかり、頻繁に会うようになりそのまま交際が始まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です