初めて彼を見た瞬間ドキッとした

デザイン会社のアシスタントデザイナーをしていた頃です。当時、写真やコピー、イラストなどは外注をしてお願いしておりました。
その外注さんの1人が、今の主人なんです。

初めて事務所に訪れた時、彼の顔を見た瞬間ドキッとしました。よくある映画の初対面のシーンのように胸が高鳴るのを覚えたんです。こんな事って本当にあるんだと思いました。
その後、私が彼の担当になり仕事を発注する時は私が連絡していたんです。初めて電話で彼の声を聞いた時は、何て柔らかで素敵な声なんだと、仕事の内容も正確に伝えられず、モジモジしてしまったこともありました。

数回事務所に彼が打ち合わせで来て、私がお茶を出したり色々な世間話をしながらして行くうちに、ドンドン彼への思いが募ってきて、家に帰っても彼のことが忘れなれなくなっていました。目をつむると彼の優しい笑い顔や少し低い声まで出てきていました。これは、彼に恋をしてしまったと思いました。完全に彼の虜になっていく自分が分かっていったんです。

数ヵ月後、事務所の数人と彼を交えて飲みに行くことになりました。丁度前の席が彼だったので、お酒を飲みながら楽しく会話をしているところに、事務所の先輩が来て、何と仲がよろしいですねぇとか、このまま付き合っちゃえとか、色々なことを仕掛けてきたんです。
その言葉通り帰りは彼と一緒に帰ることになり、次にまた会おうねと約束までしました。

それからはデートを重ねそして結ばれ、めでたく結婚に至ったわけです。本当に順当に恋愛して結ばれました。
彼も私のことが気になっていたと、結婚してから言われたのです。今も仲良く暮らしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です